「デイ・アフター・トゥモロー」会見。環境省も映画に便乗 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年6月1日 > 「デイ・アフター・トゥモロー」会見。環境省も映画に便乗
メニュー

「デイ・アフター・トゥモロー」会見。環境省も映画に便乗

2004年6月1日 12:00

(左より)ジェイク・ギレンホール、デニス・クエイド エミー・ロッサム、ローランド・エメリッヒ監督「デイ・アフター・トゥモロー」

(左より)ジェイク・ギレンホール、デニス・クエイド
エミー・ロッサム、ローランド・エメリッヒ監督
[拡大画像]

話題のディザスター・ムービー「デイ・アフター・トゥモロー」の公開を目前に控えた5月31日、ローランド・エメリッヒ監督、主演のデニス・クエイドジェイク・ギレンホールエミー・ロッサムら6名が来日。グランド・ハイアット東京(東京・六本木)にて来日記者会見を行った。

エメリッヒ監督は「この作品は単に地球温暖化の行く末を描いたものではありません。危機的状況に陥った時にメキシコに助けてもらうシーンを描くことで、弱い国を見下し続けるアメリカに警鐘を鳴らすつもりでした」と、反ブッシュを匂わせるコメント。また、主演のデニス・クエイドは「パニック映画が大好きで、『インデペンデンス・デイ』を観たときから監督の作品に出演したいと思っていました」と念願が叶った喜びを語った。そして、現在人気急上昇中の若手、ジェイク・ギレンホールは「大作は金儲け主義で作品の質が低いものが多いけど、この作品には他の大作にはない強いメッセージ、描きたいポイントがあります」と、作品の質を強調していた。

なお、来日した6名は同日、環境省の小池百合子環境大臣を表敬訪問した。環境省は映画上映に合わせ、地球温暖化対策のための普及啓発を行うほか、環境月間のポスターでも同作とタイアップしている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi