マイケル・ムーア、殺害されたアメリカ人の映像を自粛 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年6月1日 > マイケル・ムーア、殺害されたアメリカ人の映像を自粛
メニュー

マイケル・ムーア、殺害されたアメリカ人の映像を自粛

2004年6月1日 12:00

話題の宝庫「華氏911」

話題の宝庫
[拡大画像]

カンヌ映画祭でパルムドールを受賞したマイケル・ムーア監督の「華氏911」が、またも騒動を起こしている。米軍がイラクの刑務所で行ったイラク人の虐待に対する報復として、イラクの武装組織がアメリカ人ビジネスマンの首をはねたビデオ映像を公開して世界中にショックを与えたが、「華氏911」の撮影クルーが昨年、犠牲者となったニコラス・バーグ氏の取材をしていたことが明らかになったのだ。しかしムーア監督は、遺族に配慮してそのインタビュー映像は「華氏911」に収録しないと言う。彼が声明のなかで、「わたしたちは、ニコラス・バーグ氏の取材をしました。およそ20分間の映像です。しかし、それをメディアにリリースすることはしませんし、映画のなかにも入れません」と述べている。

ちなみに、ミラマックスの創業者ワインスタイン兄弟は、ようやくディズニーから「華氏911」の米国での配給権とビデオ販売権を約600万ドル(約6億6000万円)で個人的に買い戻した。すでに複数の配給会社が権利を競っているという話もあり、夏に公開される可能性が高まっている。全米配給に向けてあともう一歩だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi