映像化不可能といわれたベストセラー、遂に映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年6月1日 > 映像化不可能といわれたベストセラー、遂に映画化
メニュー

映像化不可能といわれたベストセラー、遂に映画化

2004年6月1日 12:00

(左より)加藤晴彦、徳重聡、高村薫、 渡哲也、長塚京三、平山秀幸監督「マークスの山」

(左より)加藤晴彦、徳重聡、高村薫、
渡哲也、長塚京三、平山秀幸監督
[拡大画像]

マークスの山」などで知られる直木賞作家、高村薫原作の大型サスペンス映画「レディ・ジョーカー」の製作発表が、去る5月27日、東京・紀尾井町の赤坂プリンスホテルで行われ、原作の高村薫平山秀幸監督、主演の渡哲也長塚京三、そして本作でスクリーンデビューを飾る「21世紀の石原裕次郎」こと徳重聡らが出席した。

原作は97年に発売され、グリコ・森永事件を元に被差別部落、警察の腐敗、企業と総会屋の癒着などを扱った内容から映像化不可能といわれ続けていたいわくつきの小説で、64万部のベストセラーとなっている。原作の高村は「映画化は無理だと思っていたが、製作者の皆さんの熱意がこの作品を原作以上のエンターテインメントにしてくれた。このような情熱が映画を作るんだなあ」と感慨深げにコメント。また、映画化するに当たって平山監督は高村に「『社会に虐げられた人々がその社会に復讐する物語』ではないのか?と物語の印象を伝えたところ、そういった単純なものではなく『あるシステムの中を様々な境遇の人々が右往左往する物語』と付け加えられた」と語った。

今回、日活作品としては32年ぶりに主演を務める渡哲也は「(作品に関わって)企業、警察ともに、腐敗がありながらも何も変わらない無常感のようなものを感じました」と締めくくった。映画は日活が製作し、東映が配給する。12月11日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi