「セックス・アンド・ザ・シティ」の映画版が製作中止に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年6月1日 > 「セックス・アンド・ザ・シティ」の映画版が製作中止に
メニュー

「セックス・アンド・ザ・シティ」の映画版が製作中止に

2004年6月1日 12:00

ニューヨークに生きる男女の恋愛やセックスの本音を赤裸々に描き出し、日本でも人気を博しているテレビ・シリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ」の映画化が、サマンサ役のキム・キャトラルの降板により製作中止となった。降板理由はスケジュールが合わないため。

キャトラルの広報担当者によれば、「キムはもちろん映画に出演したがっています。だからこそ契約したのです。彼女はギリギリまで待っていましたが、契約で定められた一定期間を過ぎても、いまだに脚本やクランクインの日程があがってこないため、他のオファーを受けるべきだと判断したのです」とコメント。将来的には、スケジュールさえ合えば喜んで出演したいとしているが、テレビシリーズを放映したHBOは製作中止を決定。映画化は暗礁に乗り上げた形となった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi