ディズニーに蹴られた「華氏911」、新たな配給元が浮上 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年5月18日 > ディズニーに蹴られた「華氏911」、新たな配給元が浮上
メニュー

ディズニーに蹴られた「華氏911」、新たな配給元が浮上

2004年5月18日 12:00

「華氏911」「華氏911」

「華氏911」
[拡大画像]

ボウリング・フォー・コロンバイン」のマイケル・ムーア監督の新作「華氏911」の北米における配給権を、ミラマックスが親会社のディズニーから買い取ることになった。当初配給権を持っていたディズニーは、ブッシュ政権を真っ向から批判するその内容から同作の配給を拒絶、北米市場ではお蔵入りする可能性が危惧されていたが、ディズニー傘下のミラマックスが配給権をいったん買い取り、別の配給会社に転売するという形で話がまとまりそうだ。配給会社の候補としては、「パニッシャー」などのヒット作を持つライオンズ・ゲートや、「ロスト・イン・トランスレーション」などのフォーカス・フィーチャー、また、最近「パッション」を大ヒットさせたニューマーケットなどが挙がっている。なお、マイケル・ムーア監督は、今年の大統領選挙が始まる前に全米公開に踏み切りたいとしている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi