キング原作、スピルバーグ20年越しの企画がついに始動 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年5月18日 > キング原作、スピルバーグ20年越しの企画がついに始動
メニュー

キング原作、スピルバーグ20年越しの企画がついに始動

2004年5月18日 12:00

新潮社・刊「ラスト サムライ」

新潮社・刊
[拡大画像]

ラスト・サムライ」のエドワード・ズウィック監督が、スティーブン・キング原作の「タリスマン」の映画化を手がけることが明らかになった。「タリスマン」は、スティーブン・キングピーター・ストラウブ共著のダーク・ファンタジー巨編で、映画化に向けて、スティーブン・スピルバーグが20年間企画を温めてきたという(スピルバーグは本作の製作総指揮を務める)。最近、監督候補だった「砂と霧の家」のバディム・パールマンが降板したために、エドワード・ズウィック監督がメガホンを握ることになった。過去10年以上に渡って準備が進められてきただけに、「タリスマン」の脚本も複数あり、最新版は「ザ・リング」のアーレン・クルーガーが手がけている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi