「ハリポタ4」、例のあの人=ジョン・マルコビッチ説はデマ? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年5月6日 > 「ハリポタ4」、例のあの人=ジョン・マルコビッチ説はデマ?
メニュー

「ハリポタ4」、例のあの人=ジョン・マルコビッチ説はデマ?

2004年5月6日 12:00

出たかった?「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」

出たかった?
[拡大画像]

現在、イギリスで、マイク・ニューウェル監督のもと撮影が行われているシリーズ第4作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」に、個性派俳優のジョン・マルコビッチが出演するという噂がネット上で駆け巡ったが、配給元のワーナー・ブラザースはこの噂をきっぱりと否定した。マルコビッチが演じると見られていたのは、ハリーの両親を殺し、ハリーの額に稲妻の傷をつけた最強の闇の魔法使い、“例のあの人”ことヴォルデモート卿。「炎のゴブレット」は、力を取り戻す前のヴォルデモート卿はCGで描かれ、復活してからは俳優が実際に演じるという、ひとつの役をコンピュータと人間が共有する珍しいケースになりそうだ。

なお、アルフォンソ・キュアロン監督によるシリーズ第3作「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」は6月26日に日本公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi