ミラ・ジョボビッチ、ギャラの問題で所属事務所が訴訟 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年5月6日 > ミラ・ジョボビッチ、ギャラの問題で所属事務所が訴訟
メニュー

ミラ・ジョボビッチ、ギャラの問題で所属事務所が訴訟

2004年5月6日 12:00

5500万円の行方は?「バイオハザード」

5500万円の行方は?
[拡大画像]

女優のミラ・ジョボビッチが、以前契約していたマネージメント会社ザ・ファームから訴えられた。ジョボビッチは、「バイオハザード」の続編「バイオハザード2」で出演料500万ドル(約5億5000万円)を受け取ったが、同社に10パーセントのコミッション料を支払っていないというのだ。このマネージメント会社との契約は、02年8月に切れているが、同社の主張によると「バイオハザード2」の出演交渉は、契約が切れる前に行われたものだという。「バイオハザード2」は今年9月より日本で、続いて全米で公開される予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi