カンヌ出品作が発表。日本アニメが初のコンペ参加! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年4月27日 > カンヌ出品作が発表。日本アニメが初のコンペ参加!
メニュー

カンヌ出品作が発表。日本アニメが初のコンペ参加!

2004年4月27日 12:00

5月12日から開催される第57回カンヌ国際映画祭の出品作品が、4月21日に発表され、最高賞であるパルムドールを競うコンペティション部門には、日本から是枝裕和監督「誰も知らない」と押井守監督「イノセンス」の2作品が出品されることになった。また、木村拓哉主演の香港映画「2046」(ウォン・カーウァイ監督)も、同部門に名を連ねている。

アニメ作品のコンペティション部門への出品は、01年の「シュレック」以来5作目で、日本アニメとしては初(ちなみに「シュレック2」は今回もコンペ部門に出品)。これに対して押井監督は「日本のアニメが映画として認知されたことの証明だとするなら、喜ぶべきこと」とコメントを発表した。02年、「千と千尋の神隠し」が3大国際映画祭の一角であるベルリン映画祭を制したが、それに続いての快挙となるかが注目される。審査委員長はご存知、日本アニメ好きのクエンティン・タランティーノである。

この他の日本関連の作品としては、石井克人監督の「茶の味」が、こちらも日本映画として初の監督週間のオープニング作品に選ばれた他、「HERO」に続きチャン・イーモウ監督が手掛ける歴史大作で、金城武が主演する中国映画「LOVERS」が特別招待作品として上映される。

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ディーパンの闘いの評論 ディーパンの闘い 社会問題を見据えながらも描かれる、任侠映画とも通じるやさしさの美学
  • 火の山のマリアの評論 火の山のマリア 遠くグアテマラの高地で生きる母娘の姿が、根源的な命題をはらんで間近に迫る
  • X-ミッションの評論 X-ミッション エクストリームな監督がエクストリームを求める男たちの特別な関係を描く
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社ガイエ

<好きを仕事に!>モチベーション高く頑張れます!映画が大好きな方、映画業界...

職種(1)WEB宣伝パブリシスト (2)SNS運用 (3)フロントエ...
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi