カンヌ出品作が発表。日本アニメが初のコンペ参加! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年4月27日 > カンヌ出品作が発表。日本アニメが初のコンペ参加!
メニュー

カンヌ出品作が発表。日本アニメが初のコンペ参加!

2004年4月27日 12:00

5月12日から開催される第57回カンヌ国際映画祭の出品作品が、4月21日に発表され、最高賞であるパルムドールを競うコンペティション部門には、日本から是枝裕和監督「誰も知らない」と押井守監督「イノセンス」の2作品が出品されることになった。また、木村拓哉主演の香港映画「2046」(ウォン・カーウァイ監督)も、同部門に名を連ねている。

アニメ作品のコンペティション部門への出品は、01年の「シュレック」以来5作目で、日本アニメとしては初(ちなみに「シュレック2」は今回もコンペ部門に出品)。これに対して押井監督は「日本のアニメが映画として認知されたことの証明だとするなら、喜ぶべきこと」とコメントを発表した。02年、「千と千尋の神隠し」が3大国際映画祭の一角であるベルリン映画祭を制したが、それに続いての快挙となるかが注目される。審査委員長はご存知、日本アニメ好きのクエンティン・タランティーノである。

この他の日本関連の作品としては、石井克人監督の「茶の味」が、こちらも日本映画として初の監督週間のオープニング作品に選ばれた他、「HERO」に続きチャン・イーモウ監督が手掛ける歴史大作で、金城武が主演する中国映画「LOVERS」が特別招待作品として上映される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 日本で一番悪い奴らの評論 日本で一番悪い奴ら 綾野剛は荒んだ心象風景の中でこそ精彩を放つ稀有な俳優である
  • 疑惑のチャンピオンの評論 疑惑のチャンピオン ヒーローの裏の顔、ドーピングの実態とスポーツビジネスの闇を暴く衝撃作
  • 二重生活の評論 二重生活 “理由なき尾行”にのめり込む女性を、門脇麦が緩急自在に演じきる
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ACクリエイト株式会社

好きなことを選ぶ。その勇気が仕事のモチベーションになる。

職種日本語版制作(字幕/吹替)進行アシスタント

株式会社トランスフォーマー

求む、やる気満々でポジティブな……オタク!

職種映画宣伝パブリシティスタッフ(経験者優遇、未経験も可)

有限会社DROP.

「映画って、やっぱり面白い。」その気持ち、仕事にしませんか?

職種映画宣伝パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi