クドカン組発足。映画監督は総理大臣より偉い? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年4月27日 > クドカン組発足。映画監督は総理大臣より偉い?
メニュー

クドカン組発足。映画監督は総理大臣より偉い?

2004年4月27日 12:00

監督・脚本の宮藤官九郎(左)と 原作者・しりあがり寿「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」

監督・脚本の宮藤官九郎(左)と
原作者・しりあがり寿
[拡大画像]

木更津キャッツアイ/日本シリーズ」「GO」「ピンポン」などの脚本で知られるクドカンこと宮藤官九郎が人気漫画家・しりあがり寿の原作を元に脚本を執筆、そして初監督に挑むことになった「真夜中の弥次さん喜多さん」。4月20日、東京・千代田区の東京大神宮で製作発表が行われ、監督・脚本の宮藤、原作のしりあがり寿らが出席した。

性別を超えた恋人同士の2人、商家の若旦那・弥次さんと、薬物依存症の旅役者・喜多さんが自身の薬物依存症を治すため、ある日突然「何でも願いがかなう」という伊勢神宮へと旅立ち、そこにたどり着くまでの道中を描く青春ロードムービー。初めて監督をすることについて、宮藤は「スタッフの方が皆年上なのに、『カントク、カントク』と呼ぶので、正直参ってます。哀川翔さんが日本で一番偉いのは『映画監督』でその次が『総理大臣』といってたのを思い出しました。それくらい監督っていうのは偉いんだなあ、と自らの責任の重さを痛感しております」と笑いを誘った。本作は05年公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi