「この世でもっとも恐いものはブッシュ」。ゾンビ映画のヒロインが来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年4月27日 > 「この世でもっとも恐いものはブッシュ」。ゾンビ映画のヒロインが来日
メニュー

「この世でもっとも恐いものはブッシュ」。ゾンビ映画のヒロインが来日

2004年4月27日 12:00

サラ・ポーリー「ゾンビ」

サラ・ポーリー
[拡大画像]

映画史に残るジョージ・A・ロメロの傑作ホラー映画「ゾンビ」を現代に蘇らせた「ドーン・オブ・ザ・デッド」の主演サラ・ポーリーが来日し、4月23日にパークハイアット東京(東京・新宿)で記者会見を開いた。

スウィート・ヒアアフター」「死ぬまでにしたい10のこと」など、これまでインディペンデント系の映画での活躍が顕著なサラだが、今回ハリウッドの大作に出演したのは、オリジナルの「ゾンビ」の大ファンであるということと、「スタッフも信頼できたし、新境地を開拓する作品だったから」ということ。「これからもインディペンデント系の作品で活動していくと思うけど、たまには大きなプロジェクトに参加するのもいいかと思った」と語った。

そして、25歳にして既に20年近い芸歴をもつサラは、少女時代から政治的な発言を繰り返してきたことでも知られているが、最後に「この世でもっとも恐いものは何か?」との質問に、「ジョージ・ブッシュ!」と即答。「理由はもちろん言わなくてもわかると思うの。イラクのことやエトセトラ、エトセトラ……」と語り、会場を沸かせた。5月15日より全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi