「パッション」に次ぐ受難。タイトル変更を余儀なくされた映画 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年4月20日 > 「パッション」に次ぐ受難。タイトル変更を余儀なくされた映画
メニュー

「パッション」に次ぐ受難。タイトル変更を余儀なくされた映画

2004年4月20日 12:00

ジョン・グリシャム原作映画「スキッピング・クリスマス」が、タイトル変更を迫られた。ジョー・ロス監督(「アメリカン・スウィートハート」)のもと、全米11月の公開に向けてクランクインしたばかりなのだが、レイティング審査をするMPAAからタイトルを変更するように指導された。その理由は、同時期に公開される別の映画とタイトルが類似しているから。その作品とは、ベン・アフレック、クリスティーナ・アップルゲート共演のコメディ「サバイビング・クリスマス」。こちらのほうが先にタイトル登録を済ませていたために、ジョー・ロス監督はクリスマスという言葉を使うことができなくなった。ちなみに、メル・ギブソン監督の「ザ・パッション・オブ・ザ・クライスト(アメリカ版タイトル)」も、MPAAの指導を受けて「ザ・パッション」から変更されたものだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi