ジョン・ウー監督、任天堂の人気ゲームを映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年4月13日 > ジョン・ウー監督、任天堂の人気ゲームを映画化
メニュー

ジョン・ウー監督、任天堂の人気ゲームを映画化

2004年4月13日 12:00

鳩は飛びますか?

鳩は飛びますか?
[拡大画像]

ジョン・ウー監督が、任天堂のアクションゲーム「メトロイド」の映画化権を獲得した。今後はシリーズ化も視野に入れ、映画化の準備を進めていくという。監督自身が設立した製作会社タイガー・ヒル・エンターテインメントの社長であるブラッド・フォックスホーベン氏が、7日、「メトロイド」の映画化について任天堂とライセンス契約を交わしたと発表したもの。ジョン・ウー自らが監督を務めるかどうかは不明だが、06年の公開を目指すという。

「メトロイド」は、ファミコンのディスクシステム版ソフトとして86年に初登場、濃密なSF世界を舞台にした独特の世界観が人気で、現在までに5作が発売されている。第1作目のストーリーは、パワード・スーツを身にまとったサムス・アランというバウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)が、宇宙海賊の地下要塞およびマザーブレインを破壊するために戦うというものだった。映画では、主人公サムス・アランの生い立ちや、メトロイドやマザーブレインとの戦いを描くものになりそうだ。ちなみにメトロイドとは、他の生物にとりついてエネルギーを吸いつくしてしまう謎の生命体のこと。

最近のジョン・ウー監督はどうやら、映画よりもテレビゲームに夢中のようで、タイガー・ヒル・エンターテインメントでは3本のオリジナルゲームを製作中。ゲーム中に使われる映像はジョン・ウー自身が撮影を手がけるという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi