韓国映画の記録を塗り替えた「ブラザーフッド」来日会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年4月6日 > 韓国映画の記録を塗り替えた「ブラザーフッド」来日会見
メニュー

韓国映画の記録を塗り替えた「ブラザーフッド」来日会見

2004年4月6日 12:00

(左より)チャン・ドンゴン、カン・ジェギュ監督「ブラザーフッド」

(左より)チャン・ドンゴン、カン・ジェギュ監督
[拡大画像]

99年の「シュリ」で、現在に至る韓国ブームの土台を築いたカン・ジェギュ監督の4年ぶりの新作「ブラザーフッド」。その日本公開に先駆け、ジェギュ監督と主演のチャン・ドンゴンが揃って来日し、4月2日、東京・日比谷の帝国ホテルで記者会見を行った。

本作は、朝鮮戦争によって翻弄される兄弟の生き様を描く感動の超大作。監督は「日本や韓国は平和だが、世界で戦争が行われている今だからこそ、平和の大切さを知ってほしい」と訴え、主演のドンゴンも、「出演を依頼されたときは脚本が未完成だったが、ジェギュ監督が戦争を描く作品であるということで、脚本を読まずに引き受けた。シナリオを初めて読んだときは感動して涙が出たし、これまでのどの出演作よりも自信をもっている」と語った。

なお、日本配給を担当するUIPの発表によると、本作は現在も韓国で大ヒットを続けており、4月3日には観客動員数1109万3000人を記録。同日まで1105万7000人を動員した「シルミド/SILMIDO」(東映配給・6月5日日本公開)を抜いて、韓国映画史上最多の動員記録を樹立した。「ブラザーフッド」と「シルミド」は、初夏に日本市場で激突する。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi