ジャック・ブラック、ハードロック・カフェで吠える : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年3月30日 > ジャック・ブラック、ハードロック・カフェで吠える
メニュー

ジャック・ブラック、ハードロック・カフェで吠える

2004年3月30日 12:00

(左より)ジョーイ・ゲイドス・Jr.、ジャック・ブラック レベッカ・ブラウン、マイク・ホワイト「スクール・オブ・ロック」

(左より)ジョーイ・ゲイドス・Jr.、ジャック・ブラック
レベッカ・ブラウン、マイク・ホワイト
[拡大画像]

全米で予想外の大ヒットを記録し、年季の入ったマスコミからの大絶賛を浴びているロック映画が「スクール・オブ・ロック」だ。そしてこのほど、本作のPRのため、主演のジャック・ブラック、脚本・出演を兼ねたマイク・ホワイト、天才子役ミュージシャンのジョーイ・ゲイドス・Jr.、レベッカ・ブラウンらが来日し、3月29日、東京・六本木のハードロック・カフェにて会見を行った。

会見でジャック・ブラックは「今まで観た中で最高のロック映画は?」と聞かれ、「基本的にロックというものを映像として捕まえることは不可能なので1つもないが、強いてあげるとすれば、『スパイナル・タップ』、ビートルズの『イエロー・サブマリン』、それから、この『スクール・オブ・ロック』だろう。そして、最低最悪なのは、断然マーク・ウォルバーグの『ロックスター』だ」と豪快にコメント。また、「映画のように“ロックン・ロール”を学校で教えるべきか?」との質問には、「そんなことは絶対にありえない。というのも、ロックの本質は基本的に反体制・反抗ということであり、それを学校で教えるということは、その本質に反する」と語り、映画はあくまで映画であるということを強調した。「スクール・オブ・ロック」は4月29日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi