池袋の映画館が団結。「池袋シネマ振興会」発足 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年3月30日 > 池袋の映画館が団結。「池袋シネマ振興会」発足
メニュー

池袋の映画館が団結。「池袋シネマ振興会」発足

2004年3月30日 12:00

説明会に登壇した振興会の代表ら

説明会に登壇した振興会の代表ら
[拡大画像]

渋谷、新宿と並ぶ東京の繁華街・池袋に立地する映画館が連合し、「池袋シネマ振興会」を発足、3月25日、同地の立教大学・太刀川記念館でプロジェクトの説明会を行った。

振興会を構成するのは、池袋シネマサンシャイン、池袋東急、池袋HUMAXシネマ、シネマ・ロサ、シネ・リーブル池袋、シネロマン池袋、新文芸坐、テアトル池袋、テアトルダイヤの全9館。振興会代表の白石信彦氏(池袋HUMAXシネマ支配人)は、「我々に共通する“危機感”が、全9館の結束を実現した。娯楽が多様化し、シネコンの進出や六本木ヒルズなどのスポットの出現により、池袋の映画館から客足が遠のいている。これからは映画館から池袋を盛り上げ、池袋に文化の風を吹かせたい」と語った。振興会では、フリーペーパー「buku(ブク)」を発行・配布し、毎月29日を「bukuの日」と定めて、同紙持参者は1000円で入場できるキャンペーンを展開するほか、池袋の映画館での試写会も実施。今後は割引クーポンの発行、ポイントカードの導入なども検討しているとのこと。

昨年度の池袋地区の観客動員数は238万人で、振興会のキャンペーンにより、3年後に10%アップを目指す。詳細は下記オフィシャルサイト「c-buku.net」で。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi