日本ホラーの粋を集めた「J-HORROR THEATER」が誕生 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年3月30日 > 日本ホラーの粋を集めた「J-HORROR THEATER」が誕生
メニュー

日本ホラーの粋を集めた「J-HORROR THEATER」が誕生

2004年3月30日 12:00

今年は「着信アリ」がヒットし、「呪怨」がハリウッドでリメイクされるなど、相変わらず日本のホラーが元気だ。この流れに乗って、邦画最大手の東宝が、日本ホラー界の才能を結集した新たなレーベル「J-HORROR THEATER」を立ち上げることを3月30日に発表した。参加するのは、黒沢清(「回路」「CURE」)、中田秀夫(「女優霊」「リング」)、清水崇(「呪怨」シリーズ)、落合正幸(「催眠」)、鶴田法男(「案山子」)、高橋洋(「リング」シリーズ脚本)の6監督。

プロデューサーを務める一瀬隆重氏(「リング」「呪怨」)によると、ハリウッド・リメイクされた「リング」の成功を機に、海外から中田監督らの次回作に関する問い合わせが殺到し、今回の新レーベルについても、既に大手配給会社による北米での公開が決定しているとの事だ。同レーベルは、それぞれ2本立てでの公開が決定しており、第1弾として「感染」(落合監督)と「予言」(鶴田監督)が10月2日に公開され、その後、06年12月まで順次製作が行われる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi