「パッション」観賞後に自首。悔い改めた殺人犯 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年3月30日 > 「パッション」観賞後に自首。悔い改めた殺人犯
メニュー

「パッション」観賞後に自首。悔い改めた殺人犯

2004年3月30日 12:00

まさに神がかり「パッション」

まさに神がかり
[拡大画像]

世界中で空前の大ヒットを記録する一方で、鑑賞中に2人の観客が心臓発作を起して死亡するなど、さまざまな余波を巻き起こしているメル・ギブソン監督作品「パッション」だが、今度は、映画を観た殺人犯が自身の罪を後悔し、警察へ自首したというニュースが舞い込んできた。

事件が起ったのは米テキサス州。21歳のダン・リーチなる男が、妊娠させた18歳のガールフレンドと別れたいという理由でその女性を殺害、遺書などをねつ造し、自殺に見せかけていた。だが、この男は「パッション」を鑑賞後、いてもたっていられなくなり、友人に罪の告白をし、最終的には自ら警察へ自首したという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi