ソフィア・コッポラが里帰り来日会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年3月16日 > ソフィア・コッポラが里帰り来日会見
メニュー

ソフィア・コッポラが里帰り来日会見

2004年3月16日 12:00

ソフィア・コッポラ監督「ロスト・イン・トランスレーション」

ソフィア・コッポラ監督
[拡大画像]

今年の賞レースを大いに賑わせ、アカデミー賞ではオリジナル脚本賞を受賞した「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラ監督が、プロデューサーのロス・カッツとともに来日し、3月10日、会見を開いた。

会場は多くのセレブが宿泊し、たびたび会見も開かれる新宿の高級ホテル、パークハイアット東京。ここは同作の撮影場所にもなっており、出席した2人は会見の冒頭で「映画の中に、まさにここで記者会見をするシーンがある。自分たちが映画を地で行っているようで変な気分です(笑)」と挨拶した。

ソフィアは「(パークハイアットは)私が大学を出て初めて来日したときに泊まった場所で、一歩外へ出ると都会の喧騒があるが、ここは空中の島のようで、その対比が面白かった。また、欧州なら言葉は違ってもアルファベットでなんとなく看板などが読めるのに、日本は本当に何もわからない。そして街はとても刺激的で映像的だった。そのときの印象を、いつか映画にしたいと思っていた」と説明。「その印象は私独特のもので、他のハリウッド映画が描く東京とは違う。また、ビル(・マーレイ)とスカーレット(・ヨハンソン)が演じる、初めて東京を訪れた人物の視点で描いている」と語った。ゴールデンウィーク、シネマライズほかにて公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi