カンヌ映画祭、今年は華やかなクロージングを予定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年3月16日 > カンヌ映画祭、今年は華やかなクロージングを予定
メニュー

カンヌ映画祭、今年は華やかなクロージングを予定

2004年3月16日 12:00

カンヌ国際映画祭のクロージングが華やかに生まれ変わろうとしている。豪華なオープニングに比べ、地味な感の否めなかったカンヌ映画祭のクロージングだが、今年は、これまで日曜日に行われていた授賞式を土曜日に変更。授賞式後に、ケビン・クラインアシュレイ・ジャッド主演、アーウィン・ウィンクラー監督の「デ・ラブリー」を上映することになった。「デ・ラブリー」は作曲家コール・ポーターの生涯を描いた音楽映画で、主演の2人に加え、エルビス・コステロアラニス・モリセットシェリル・クロウ、ロビー・ウィリアムスといったミュージシャンらが多数出演。上映後には、「オズの魔法使い」「雨に唄えば」など数々の名作ミュージカル映画でハリウッド黄金時代を築いたMGMの80周年記念コンサートが開催され、「デ・ラブリー」に出演したミュージシャン達がこぞって演奏するという。さらに翌日曜日には、パルムドール受賞作品の特別上映や、コンペ作品の再上映が行われるという。こうした豪華イベントを催すことにより、授賞式に肝心の受賞者が欠席、という寂しい事態を回避したい考えのようだ。

今年のカンヌ国際映画祭は、クエンティン・タランティーノを審査委員長に迎え、5月12日から23日まで開催。「デ・ラブリー」は6月25日に全米公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi