「宇宙人」の次は「地球」が人類を襲う!エメリッヒ監督来日会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年3月9日 > 「宇宙人」の次は「地球」が人類を襲う!エメリッヒ監督来日会見
メニュー

「宇宙人」の次は「地球」が人類を襲う!エメリッヒ監督来日会見

2004年3月9日 12:00

ローランド・エメリッヒ監督(右)と 製作のマーク・ゴードン「デイ・アフター・トゥモロー」

ローランド・エメリッヒ監督(右)と
製作のマーク・ゴードン
[拡大画像]

迫り来る高波、ビルを破壊する巨大竜巻――地球温暖化によって引き起こされた地球規模の自然災害の恐怖を、スケールたっぷりに描いた超大作「デイ・アフター・トゥモロー」。公開に先立つこと3カ月、監督のローランド・エメリッヒと製作のマーク・ゴードンが、多忙な編集作業の合間を縫って緊急来日し、グランドハイアット東京(東京・六本木)にて会見を行った。

本作は、地球上の各都市にありとあらゆる自然災害が発生するが、最も撮影が困難だった“災害”は何だったのか? 「この作品はミニチュアをほとんど使用せず、ほぼCGによって災害を表現している。ただ、ニューヨークに巨大な高波が襲うシーンはCG以外にも巨大なタンクの中にセットを組み、その中に大量の水を注ぎ込んで撮影したので大変だった」と語った。CG全盛の昨今でも、やはり「水」を扱うのは一筋縄ではいかないようだ。

エメリッヒ監督は、「インデペンデンス・デイ」で巨大UFOに乗った宇宙人が地球を侵略するストーリーを描いたが、「デイ・アフター・トゥモロー」での人類の敵は、地球規模で起こる自然災害。「私は大掛かりなストーリーに惹かれるんだ。その中で人々がどんな行動をとるか、どのように対処するかを描きたい。この作品をご覧になった方が“この状況にあなたが遭遇したらいったいどうする?”という問いかけができればと思う」とコメント。単なるパニック映画ではなく、様々な問題提起を含んだ作品となっているようだ。「デイ・アフター・トゥモロー」は6月5日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi