メルギブ監督の問題作「パッション」で観客がショック死 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年3月2日 > メルギブ監督の問題作「パッション」で観客がショック死
メニュー

メルギブ監督の問題作「パッション」で観客がショック死

2004年3月2日 12:00

公開5日間で1億2500万ドルを稼ぎ出し、全米ボックスオフィスを爆走中のメル・ギブソン監督作品「パッション」だが、そのあまりにも激しい暴力描写に、観客がショック死してしまった。亡くなったのは、カンザス州に住む50代の女性。その女性が心臓発作で倒れたのは、映画のクライマックス、拷問を受けて血まみれになったキリストが十字架にはりつけにされるシーンだという。女性は直ちに病院に運ばれたが、間もなく息を引き取った。女性が亡くなったのは公開初日の2月25日だが、これによって客足が落ちるようなことはなく、むしろその後の動員は増加している。以前もお伝えした通り、本作については、公開以前から、宗教的解釈の違いや過激な描写に関して大論争が巻き起こっていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi