メル・ギブソン、キリスト映画の問題箇所をカット : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年2月10日 > メル・ギブソン、キリスト映画の問題箇所をカット
メニュー

メル・ギブソン、キリスト映画の問題箇所をカット

2004年2月10日 12:00

間に合うの?「パッション」

間に合うの?
[拡大画像]

2月25日の全米公開を直前に控えているにもかかわらず、メル・ギブソン監督は話題作「パッション」の再編集に追われているとニューヨーク・タイムズ紙が報じた。同作でもっとも論争を呼んでいるシーンをカットするためで、その箇所とは、キリストの磔を求めたユダヤ人たちが「その血の責任は、我々と子孫にある」と発言する箇所だ。これは新約聖書のマタイ伝(27章25節)にも記されている有名な発言なのだが、過去に起きたユダヤ人迫害はこの発言が原因となっており、ユダヤ人グループやキリスト教グループは、再び反ユダヤ人運動が起きるのではないかと危惧しているという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi