ラッセル・クロウが負傷。新作に影響が : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年2月3日 > ラッセル・クロウが負傷。新作に影響が
メニュー

ラッセル・クロウが負傷。新作に影響が

2004年2月3日 12:00

またやっちまった「シンデレラマン」

またやっちまった
[拡大画像]

ラッセル・クロウが最新作「シンデレラ・マン」の役作りをしている最中に、肩を脱臼した。ボクシングの世界チャンピオンを演じるために厳しいトレーニングを積んでいたクロウだが、無理をして古傷を痛めてしまったようだ。数年前、ジョディ・フォスター監督作「フローラ・プラム」の役作り中に、肩を脱臼するアクシデントを起こし、出演を見送った経緯がある(ちなみに同作は、ユアン・マクレガー主演で映画化の準備が進められている)。「シンデレラ・マン」のプロデューサーのブライアン・グレイザーは、「ラッセルは世界でトップレベルのボクシング・コーチのもとでトレーニングを行っており、その意気込みが、今回のケガにつながってしまったのではないか」とコメントしている。クロウのケガによって、「シンデレラ・マン」のクランクインは3月上旬から4月へと延期されることになった。

シンデレラ・マン」は、30年代に活躍したヘビー級チャンピオン、ジェームズ・ブラドックの生涯を描いた作品。監督は「ビューティフル・マインド」のロン・ハワード、脚本も「ビューティフル・マインド」のアキバ・ゴールズマンが担当、共演のレニー・ゼルウィガーは、クロウ扮するブラドックの妻を演じる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi