アカデミー賞審査用ビデオ流出問題、スタジオが提訴 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年2月3日 > アカデミー賞審査用ビデオ流出問題、スタジオが提訴
メニュー

アカデミー賞審査用ビデオ流出問題、スタジオが提訴

2004年2月3日 12:00

ワーナー・ブラザースとソニー・ピクチャーズエンタテインメントは、1月28日、映画の違法なデジタルコピーを作ってインターネット上に配布したとして、ロサンゼルス地裁に訴えを起こした。ワーナーに提訴されたのは、俳優のカーマイン・カリディと友人のラッセル・ウイリアム・スプラーグ。アカデミーに所属するカリディが「ラスト・サムライ」と「ミスティック・リバー」の審査用ビデオを入手、友人のラッセル・ウイリアム・スプラーグに横流しし、スプラーグがネット上に配布したというもの。ソニーも「ビッグ・フィッシュ」「恋愛適齢期」(日本配給はワーナー)の2作品について、両者を訴えているという。スプラーグの自宅からはアカデミー審査用のテープが数百本発見され、FBIによって23日に逮捕されているが、容疑については「でたらめだ」と主張しているという。カリディからのコメントは得られていない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi