メル・ギブソン監督の問題作、全米2000館規模で公開へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年1月20日 > メル・ギブソン監督の問題作、全米2000館規模で公開へ
メニュー

メル・ギブソン監督の問題作、全米2000館規模で公開へ

2004年1月20日 12:00

公開当日は大騒ぎ確実?

公開当日は大騒ぎ確実?
[拡大画像]

イエス・キリストの最後の12時間を描く、メル・ギブソン監督の意欲作「ザ・パッション・オブ・クライスト」が、全米2000館規模で公開されることが決定した。本作は、その宗教的な内容から反ユダヤ主義を招く恐れがあり、また、ラテン語とアラム語のセリフで進行するため物議を醸していたが、作品を鑑賞したローマ法王ヨハネ・パウロ2世のお墨付きを得たことで、拡大公開に踏み切ることにしたようだ。全米公開は、キリスト教の復活祭に向けた「四旬節」の最初の日、「灰の水曜日」にあたる2月25日の予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi