デ・ニーロとスコセッシが共同で回顧録を執筆 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年1月13日 > デ・ニーロとスコセッシが共同で回顧録を執筆
メニュー

デ・ニーロとスコセッシが共同で回顧録を執筆

2004年1月13日 12:00

夫婦同然の関係「タクシードライバー」

夫婦同然の関係
[拡大画像]

ロバート・デ・ニーロマーティン・スコセッシ監督が、30年以上にわたる友情や映画製作での共同作業を振り返る回顧録を共著で発表することになった。出版元のハーモニー・ブックスが9日、発表したもの。

デ・ニーロとスコセッシ監督は73年、互いが育ったニューヨークの下町リトル・イタリーが舞台の青春群像劇「ミーン・ストリート」を皮切りに、「タクシー・ドライバー」「レイジング・ブル」「グッドフェローズ」「ケープ・フィアー」など共同で作品を作り続け、アメリカ映画界きっての俳優・監督コンビとなった。デ・ニーロは、「レイジング・ブル」でアカデミー主演男優賞を受賞、「タクシー・ドライバー」「ケープ・フィアー」でも同賞にノミネートされている。スコセッシは声明で、「私たちはニューヨークの同じ地区の出身ではあるが、違う通りにたむろしていた」と語り、映画を1本作るたびに2人の友情が深まっていったとコメント。「今では、相手が何を言いたいのか口にしなくても分かる」として、2人の関係は「職業上の結婚のようなもの。映画がぼくたちの子供たちと言える」と述べている。

回顧録のタイトルは未定だが、05年に出版予定で、すでに英国、オランダ、イスラエル、ドイツでの出版契約が結ばれている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi