クリス・カニンガムの長編映画、ついに始動! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年12月16日 > クリス・カニンガムの長編映画、ついに始動!
メニュー

クリス・カニンガムの長編映画、ついに始動!

2003年12月16日 12:00

ビョークの「オール・イズ・フル・オブ・ラブ」など数々のミュージックビデオで知られ、独特の映像表現で世界中に熱狂的なファンを持つクリス・カニンガムが、ついに長編映画に向けて動き出した。その題材は、ステファノ・タンブリーニとタニーニョ・リベラトーレによって描かれた70年代のグラフィック・ノベル「ランゼロックス」。パンクなモンスター“ランゼロックス”と、風変わりな美女“ルブナ”が繰り広げるダークな近未来バイオレンスで、カニンガムにはうってつけの企画といえよう。脚本はゴーディ・ホフマンとカニンガムが共同で執筆中。なお、タイトルはゼロックス社から訴えられたために、別の案が検討されているという。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi