士郎正宗の「アップルシード」が、セルアニメとフルCG融合で映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年12月9日 > 士郎正宗の「アップルシード」が、セルアニメとフルCG融合で映画化
メニュー

士郎正宗の「アップルシード」が、セルアニメとフルCG融合で映画化

2003年12月9日 12:00

(左より)曽利文彦プロデューサー、荒牧伸志監督「マトリックス」

(左より)曽利文彦プロデューサー、荒牧伸志監督
[拡大画像]

マトリックス」シリーズにも大きな影響を与えた「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」などで知られる、士郎正宗の原作「アップルシード」が映画化されることが決定。プロデューサーを務める曽利文彦(「ピンポン」監督)と荒牧伸志監督が、12月4日、東宝本社(東京・日比谷)にて会見を行った。

本作は、伝統的なセルアニメとリアルな3DCGを融合させた“3Dライブアニメ”という新しいフォーマットを採用している。これについて曽利プロデューサーは、「日本の2Dアニメは極致まで達しているが、『アップルシード』は3Dアニメのスタート。その後には無限の可能性があって、今後同じスタイルの作品が世界に向けて発信されると思う」と先駆者としてのビジョンを語った。

また、登場人物たちの表現方法ついて「セルアニメのテイストを活かしつつ、CGでより立体的、かつリアルに描いたことで、必ずお客さんの気持ちをキャラクターに感情移入させられると思う」と他のCG作品との違いを強調。荒牧監督も「とにかく映像を観てもらえれば違いや新しさは分かってもらえる。胸を張って送り出せる作品が作れた」と作品の出来に強い自信を見せた。「マトリックス・リローデッド」にも楽曲提供したポール・オークンフォールドなど、海外アーティストも参加するサントラにも注目だ。04年4月公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi