オダギリジョーのドラムに注目。「この世の外へ/クラブ進駐軍」が完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年12月9日 > オダギリジョーのドラムに注目。「この世の外へ/クラブ進駐軍」が完成
メニュー

オダギリジョーのドラムに注目。「この世の外へ/クラブ進駐軍」が完成

2003年12月9日 12:00

(左より)MITCH、松岡俊介、萩原聖人、 オダギリジョー、村上淳「この世の外へ クラブ進駐軍」

(左より)MITCH、松岡俊介、萩原聖人、
オダギリジョー、村上淳
[拡大画像]

第2次世界大戦直後の東京を舞台に、それぞれの思いを抱えた若者達がジャズを通して希望を見出していく姿を描いた「この世の外へ/クラブ進駐軍」。公開に先立ち、12月8日、渋谷公会堂(東京・渋谷)にて完成披露試写会が行われ、阪本順治監督、主演の萩原聖人、オダギリジョーらが出席し舞台挨拶を行った。

62年前の同日は、奇しくも真珠湾攻撃によって太平洋戦争が開戦した日。それについて阪本監督は「(披露試写の)会場を押さえることで精一杯だったので、そのことは後で知った(笑)」とした上で、「敗戦後、アメリカ軍が進駐する中で、コカ・コーラもハンバーガーもこの時代の人たちが最初に口にした。昔の話だと思わずに、現在につながる物語として観てほしい」と、若い世代の観客にアピールした。

また、劇中ではジャズ・セッションのシーンが見どころの1つだが、以前ドラムを叩いていたオダギリジョー、ミュージシャンが本職のMITCH(トランペット担当)以外は、楽器演奏は初体験だったとのこと。メンバーたちはかなりの練習を積んだようで、オダギリは「普通の音楽映画は指と音が合っていないことが多いが、本作はその点をかなりリアルに見せることができた」と自信を覗かせた。04年2月7日よりロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi