第16回東京国際映画祭、閉幕。日本勢が男優・女優賞を制覇! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年11月11日 > 第16回東京国際映画祭、閉幕。日本勢が男優・女優賞を制覇!
メニュー

第16回東京国際映画祭、閉幕。日本勢が男優・女優賞を制覇!

2003年11月11日 12:00

受賞者スピーチでの フォ・ジェンチー監督「ヴァイブレータ」

受賞者スピーチでの
フォ・ジェンチー監督
[拡大画像]

11月1日から渋谷Bunkamuraをメイン会場に開催された、第16回東京国際映画祭が閉幕した。最終日となった9日には、全米で本年度ナンバーワンの大ヒットを記録しているピクサーアニメの最新作「ファインディング・ニモ」がクロージング作品として上映、会場には海をイメージしたレッドカーペットならぬ“ブルーカーペット”が敷かれて各種著名人を迎え、同作の製作総指揮ジョン・ラセター、監督のアンドリュー・スタントンリー・アンクリッチも来場した。

午後4時から行われたクロージング・セレモニーでは、コンペティション部門の各受賞結果を発表。「山の郵便配達」で知られるフォ・ジェンチー監督の中国映画「暖~ヌアン」が最優秀作品賞にあたる東京グランプリに選出された。優秀男優賞は、同じく「暖~ヌアン」の香川照之、優秀女優賞には、日本映画「ヴァイブレータ」の寺島しのぶとアメリカ映画「サンタ スモークス」のクリスティ・ジーン・フルスランダーが輝いた。日本人の男優・女優が揃って受賞するのは同映画祭史上初。今年は大物スターの来日などは多くなかったが、11年ぶりに日本映画(「阿修羅のごとく」)がオープニング上映されるなど、“日本を世界に発信する”というテーマが色濃く打ち出された映画祭であった。主な受賞結果は以下の通り。各作品の詳細は、映画祭のオフィシャルサイトをご覧ください。

【コンペティション部門】

東京グランプリ

「暖~ヌアン」(フォ・ジェンチー監督/中国)

審査員特別賞

「スーツ」(バフティヤル・フドイナザーロフ監督/ロシア)

優秀監督賞

クリス・バレンティーン、ティル・テラー(「サンタ スモークス」/アメリカ)

優秀男優賞

香川照之(「暖~ヌアン」)

優秀女優賞

寺島しのぶ(「ヴァイブレータ廣木隆一監督/日本)

クリスティ・ジーン・フルスランダー(「サンタ スモークス」)

優秀芸術貢献賞

「スーツ」

【アジアの風2003】

アジア映画賞

「メモリー・オブ・マーダー/殺人の追憶」(ポン・ジュノ監督/韓国)

スペシャル・メンション

「嫉妬は我が力」(パク・チャノク監督/韓国)

「世界でいちばん私をかわいがってくれたあの人が去った」

(マー・シャオイン監督/中国)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi