ジョン・ウーとのコンビ再び。チョウ・ユンファ来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年11月11日 > ジョン・ウーとのコンビ再び。チョウ・ユンファ来日
メニュー

ジョン・ウーとのコンビ再び。チョウ・ユンファ来日

2003年11月11日 12:00

チョウ・ユンファ「バレット・モンク」

チョウ・ユンファ
[拡大画像]

東京国際映画祭の協賛企画としてお馴染みの東京国際ファンタスティック映画祭2003で、クロージング作品に選ばれた「バレット・モンク」の主演チョウ・ユンファが来日、11月5日、セルリアンタワー東急ホテル(東京・渋谷)にて記者会見を行った。

本作は、この世を破滅させる力をもった秘伝の巻物を巡る戦いを描いたアクション・アドベンチャー。巻物を守護する名もなきチベット僧に扮するユンファは、「グリーン・デスティニー」以来3年ぶりの主演作で、ハリウッドで通算5作目の出演となる。アクションだけでなく、「アンナと王様」といったドラマにも出演しているが、その点については「ハリウッドでは、まだまだアジア系俳優の役は限られていて、アクションという分野からなかなか離れられない。そういう意味で多少心配はしていますが、アクションをやりつつ機会を待ちたいと思っています。それに、今、香港に戻っても、やはりドラマの脚本は少ないので、今後しばらくはハリウッドで仕事をしていきます」と語った。また、本作では「男たちの挽歌」でタッグを組んだジョン・ウーが製作を担当しているが、次回作はそのジョン・ウーの監督作「ランド・オブ・デスティニー」に出演する予定で、来年の冬にクランクインを目指しているという。「バレット・モンク」は、来年1月17日より全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi