過激なベストセラーがついに公開。「昭和歌謡大全集」公開記念イベント : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年11月4日 > 過激なベストセラーがついに公開。「昭和歌謡大全集」公開記念イベント
メニュー

過激なベストセラーがついに公開。「昭和歌謡大全集」公開記念イベント

2003年11月4日 12:00

(左より)村田充、斉藤陽一郎、今陽子、 松田龍平、近藤公園「昭和歌謡大全集」

(左より)村田充、斉藤陽一郎、今陽子、
松田龍平、近藤公園
[拡大画像]

原作者の村上龍がその出来にベタ惚れし、既に6回も鑑賞したという異色のエンターテインメント「昭和歌謡大全集」。この作品の公開を記念し、作品のキーワードとなる昭和を彩った歌謡曲のレコードジャケット400枚以上を展示した「昭和歌謡大パネル展」が大田美術館(東京・原宿)にて11月1日より3日まで開催された。

最終日の3日には本作に「恋の季節」を楽曲提供した、元ピンキーとキラーズの今陽子と主演の松田龍平斉藤陽一郎村田充近藤公園が会場に駆け付け、イベントに華を添えた。今は「怖い部分もあるが、現代社会を風刺した内容で楽しませてもらった」と感想を述べ、松田は「昭和歌謡がふんだんに練り込まれた作品です」と作品の魅力をアピール。「月とキャベツ」「洗濯機は俺にまかせろ」など、温かみある作風で知られる篠原監督が、少年とおばさんの殺し合いという題材を得て挑む新境地にも注目。11月8日よりロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi