三池監督、最初で最後のホラー映画!?「着信アリ」記者会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年11月4日 > 三池監督、最初で最後のホラー映画!?「着信アリ」記者会見
メニュー

三池監督、最初で最後のホラー映画!?「着信アリ」記者会見

2003年11月4日 12:00

(左より)三池崇史監督、堤真一、柴咲コウ、 吹石一恵、秋元康「着信アリ」

(左より)三池崇史監督、堤真一、柴咲コウ、
吹石一恵、秋元康
[拡大画像]

ハリウッドからも注目される多作のフィルム・メイカー、三池崇史監督の初のホラー映画「着信アリ」がついに完成。去る11月3日、特別招待作品として上映された東京国際映画祭会場のBunkamura(東京・渋谷)にて、三池監督、企画の秋元康、主演の柴崎コウ、堤真一吹石一恵が参加し、記者会見が行われた。

クランク・インの際、「最初で最後のホラー映画にする」と覚悟の程を語っていた三池監督だが、「作った自分が言うのも何だが、凄く怖い作品ができた。世界に通用する作品だと自信がある」と作品の出来には大満足の様子。主演の柴崎も「監督は怖い人だと思っていたけど、実は凄く温かいものを持っていて、それをフィルムに焼き付けられる人」と、作品がただのホラー映画ではないことをPRした。04年1月17日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi