アンジェリーナが映画でも難民救済。「すべては愛のために」監督来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年11月4日 > アンジェリーナが映画でも難民救済。「すべては愛のために」監督来日
メニュー

アンジェリーナが映画でも難民救済。「すべては愛のために」監督来日

2003年11月4日 12:00

マーティン・キャンベル監督「すべては愛のために」

マーティン・キャンベル監督
[拡大画像]

開催中の第16回東京国際映画祭の特別招待作品、アンジェリーナ・ジョリー主演「すべては愛のために」で、監督のマーティン・キャンベルが来日。映画祭での上映日にあたる11月2日、会場の渋谷Bunkamuraにて記者会見を行った。

本作は、英国で裕福に暮らす夫人が、難民救済のために奔走する青年医師と出会い、自らも生活を捨てて救済活動に身を捧げるという物語で、監督曰く「己の心に忠実に生きるという事がテーマのラブ・ストーリー」。当初はオリバー・ストーンが5年間企画を進めていたが、予算的な問題で降板。その後を引き継いだキャンベル監督は、「私はこれまでアクションばかり撮っていたから、ここで今までとは違うシリアスなドラマをやりたかった」と、製作に至る経緯を披露。また、国連の親善大使として活躍するアンジェリーナについては、「彼女は2年前から主演に決まっており、脚本のリサーチなどのため現地を訪れたことで、大使としての使命に目覚めた。この作品との出会いが、彼女の人生を変えたと言えるでしょう。彼女は撮影の後半にマドックス君という養子を迎えたが、子供がいるからといって甘えず、プロの女優として徹底していた。彼女ほど優れた女優はいない」と語った。本作の一般公開は、12月20日より日比谷スカラ座1ほかにて。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi