村上春樹原作に宮沢りえ主演。「トニー滝谷」は不思議な映画? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年10月7日 > 村上春樹原作に宮沢りえ主演。「トニー滝谷」は不思議な映画?
メニュー

村上春樹原作に宮沢りえ主演。「トニー滝谷」は不思議な映画?

2003年10月7日 12:00

(左より)イッセー尾形、宮沢りえ、市川準監督「トニー滝谷」

(左より)イッセー尾形、宮沢りえ、市川準監督
[拡大画像]

村上春樹の同名短編小説(文藝春秋刊「レキシントンの幽霊」に収録)を映画化した「トニー滝谷」の製作発表が、10月6日、東京古書会館(東京・神田小川町)にて行われ、監督の市川準、主演のイッセー尾形宮沢りえが出席した。

国民的作家の村上春樹だが、これまで映画化された主な作品は、長編が「風の歌を聴け」「森の向こう側」の2本、短編映画を合わせても4本と少ない。本作は、短編小説をもとにした長編映画だが、市川監督が8年前から温めていた企画だ。「村上さんの小説はとてもシンプルで、映像化にあたり、リアルなものをどんどんマイナスしていくというイメージが浮かんだ」と語る監督は、今回、原っぱの上にステージを組み、ほとんどのシーンをそのステージ上で撮影するという異例の手法を取った。それにより「“映画と舞台の中間”のような不思議な作品」になったという。主演の尾形、宮沢はそれぞれ1人2役を演じ、登場人物もほとんど彼らだけ。普段から1人芝居で知られる尾形も「今回は自分で意図したものでは駄目。作為的でない、自然なものが求められたから難しかった」とし、宮沢も「自然にそこにいる感じ……というのは難しかったけれど、毎日様子が変わるステージに立つと想像力が広がった。2役については、台本を読んだとき私の心の中に2人がいると感じたから、難しいというより楽しかった」と語った。本作は既に撮影を終了し、現在は編集作業中。04年に公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi