第4回東京フィルメックスのラインナップが発表! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年9月30日 > 第4回東京フィルメックスのラインナップが発表!
メニュー

第4回東京フィルメックスのラインナップが発表!

2003年9月30日 12:00

(左より)市山尚三プログラム・ディレクター、 田口トモロヲ、林加奈子ディレクター「春夏秋冬そして春」

(左より)市山尚三プログラム・ディレクター、
田口トモロヲ、林加奈子ディレクター
[拡大画像]

東京・有楽町を舞台に11月22日より開催される「第4回東京フィルメックス」。上映される作品のラインナップが9月25日、日本外国特派員協会(東京・有楽町)にて発表された。

オープニングには、韓国のキム・キドク監督最新作「春夏秋冬...そして春」が、クロージングは日本の森崎東監督「ニワトリはハダシだ」が上映となるほか、コンペティション部門ではアジアの新進作家の9作品を上映。今年は韓国、イラン、中国、香港、日本の映画が選出され、最終日の11月30日に最優秀作品賞と審査員特別賞が選ばれる。

特集上映は、日本の誇るべき巨匠・清水宏監督の作品を世界に紹介するべく“清水宏 生誕100年”を東京国立近代美術館フィルムセンターと共同開催。ニュープリント3本を含む全10作品のほか、生演奏付きの上映なども予定しているということだ。もう1つは「イスラム革命前のイラン映画」を特集。世界的にも観る機会の少ない作品だけに、大変貴重な上映となる。

記者会見には、初監督作品「アイデン&ティティ」がコンペティション部門に選出されている田口トモロヲ氏がゲストで登場。「映画が好きな人にはもちろん、映画を観ない人にも拡がっていく映画祭であって欲しい」とエールを送った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi