「さゆり」プロジェクトをミラマックスが妨害? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年9月16日 > 「さゆり」プロジェクトをミラマックスが妨害?
メニュー

「さゆり」プロジェクトをミラマックスが妨害?

2003年9月16日 12:00

シカゴ」のロブ・マーシャル監督がメガホンを握ることで、ようやく動き出そうとしていたアーサー・ゴールデン原作の「さゆり(Memoirs of a Geisha)」の映画化が、ミラマックスの妨害にあっている。そもそもこの映画化は、もともとソニー・ピクチャーズがスピルバーグ監督作として準備していたが、多忙のため、スピルバーグはプロデューサーに退くことになった。その後、スパイク・ジョーンズ監督らの名が取りざたされたこともあったが、最近になってロブ・マーシャル監督の名前が急浮上し、本人も意欲満々になっていた。しかし、そこに横やりを入れたのが、「シカゴ」を製作したミラマックス。ロブ・マーシャル監督はミラマックスと監督契約を結んでおり、次作もミラマックスで撮らなくてはいけないことになっているという。ミラマックスはこの契約を盾に、ソニー・ピクチャーズのロブ・マーシャル監督案をつぶそうとしているらしいのだ。

ちなみに、かつて、ラッセ・ハルストレム監督が「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」の監督をオファーされたときも、ミラマックスは同様の手段で妨害した過去がある(結局同作は、スピルバーグがメガホンを握った)。ミラマックスは、タレントが新人のうちに長期契約を結ぶことによって、将来有望な俳優や監督の囲い込みをすることで知られている。かつて、ミラマックスと契約を結んでいたポール・ウォーカー(「ワイルドスピード」)は、「ミラマックスとの契約が切れるまでは、夜もろくに眠れなかったよ。次はどんなひどい映画に出演させられるのか、いつもひやひやしていてね」と語っている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi