ディズニーとピクサー、交渉決裂か? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年9月16日 > ディズニーとピクサー、交渉決裂か?
メニュー

ディズニーとピクサー、交渉決裂か?

2003年9月16日 12:00

大ヒット映画を連発するアニメーションスタジオのピクサーと、その配給を手がけるディズニーとの契約交渉が早くも暗礁に乗り上げたようだ。現在の契約が05年公開予定の「Cars」(ジョン・ラセター監督)で切れることをうけて、交渉をスタートさせたのはいいが、ディズニー側が「我が社の不利になるような契約は結ばない」と強気な条件を提示したために、ピクサー側が態度を硬化させたのである。その提示内容は明らかにされていないが、「製作費は折半、取り分はディズニーが60%、所有権はディズニーが保持」という現在の条件と大差ないものだと見られている。不公平感を感じているピクサーは、「Cars」に続く新作「プロジェクト2006」(仮題)を、独自に製作することを発表。密月も終わりを遂げそうである。ちなみに「プロジェクト2006」(仮題)は、パリに住むネズミを主人公にした物語だとか。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi