ベネチア映画祭閉幕。金獅子賞はロシアの新人監督に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年9月9日 > ベネチア映画祭閉幕。金獅子賞はロシアの新人監督に
メニュー

ベネチア映画祭閉幕。金獅子賞はロシアの新人監督に

2003年9月9日 12:00

第60回ベネチア国際映画祭が日本時間の9月7日(現地時間6日)に閉幕、最優秀作品賞である金獅子賞には、ロシアのアンドレイ・ズビヤギンツェフ監督作「The Return」が選ばれた。同監督はこれまでテレビのディレクターを務め、今回、初めて監督した長編劇場映画でいきなりの快挙を遂げた。同作は、10年ぶりに帰郷した父とそれを迎える2人の息子の葛藤を描いた人間ドラマ。監督は受賞後のスピーチで、息子の1人を演じた15歳の俳優ウラジミール・ギリンが、撮影直後に不慮の事故で他界したことを明かし、「彼に対してこの金獅子を捧げたい」とコメントした。また、日本勢では北野武監督の「座頭市」が銀獅子賞(監督賞)を受賞したほか、先鋭的な作品を対象としたコントロ・コレンテ部門に出品された日本・タイなど5カ国合作映画「Last Life in the Universe」(ペンエーグ・ラッタナルアーン監督)に主演した浅野忠信が、同部門の主演男優賞を受賞した。その他の主な受賞結果は以下の通り。

金獅子賞

「The Return」(アンドレイ・ズビヤギンツェフ監督)

監督賞・銀獅子賞

座頭市」(北野武監督)

審査員特別賞・銀獅子賞

「Le Cerf-Volant」(ランダ・チャハル・サバッグ監督)

貢献賞・銀獅子賞

「Buongiorno, notte」(マルコ・ベロッキオ監督)

男優賞・銀獅子賞

ショーン・ペン

(「21 Grams」/アレハンドロ・ゴンザレス・イリャニトゥ監督)

女優賞・銀獅子賞

カーチャ・リーマン

(「Rosenstrasse」/マルガレーテ・フォン・トロッタ監督)

新人賞・銀獅子賞

ナジャ・ベンサレーム

(「Raja」/ジャック・ドワイヨン監督)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi