ダウニー・Jr.がウッディ・アレン最新作をクビに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年9月2日 > ダウニー・Jr.がウッディ・アレン最新作をクビに
メニュー

ダウニー・Jr.がウッディ・アレン最新作をクビに

2003年9月2日 12:00

先日、ウィノナ・ライダーの降板が伝えられたばかりのウッディ・アレンの最新作から、ロバート・ダウニー・Jr.も降りることになった。ダウニー・Jr.はこれまでドラッグで数度にわたってトラブルを起こしていることから、彼を起用すると、映画が予定通りに完成しなくなるリスクが高いと保険会社が判断。高額な追加保険料を求めたため、プロデューサーがこれに対応できず、辞退してもらう形となった。彼の代役として、「アメリカン・パイ」のジェイソン・ビッグスが候補に挙がっている。ちなみに、ダウニー・Jr.が出演した他の作品「The Singing Detective」と「Gothika」の場合、それぞれのプロデューサーは、追加保険料を払ったということだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi