パパラッチにはご用心!「ファム・ファタール」魔性の女が来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年8月26日 > パパラッチにはご用心!「ファム・ファタール」魔性の女が来日
メニュー

パパラッチにはご用心!「ファム・ファタール」魔性の女が来日

2003年8月26日 12:00

レベッカ・ローミン=ステイモス

レベッカ・ローミン=ステイモス
[拡大画像]

サスペンスの名匠ブライアン・デ・パルマ監督最新作「ファム・ファタール」で、主演を務めたレベッカ・ローミン=ステイモスが来日し、8月20日、東京・日比谷の宝塚劇場で会見を開いた。会見場には、レベッカ演じる主人公が劇中で盗む、時価総額1000万ドル(約12億円)の黄金のビスチェも展示された。

レベッカは、“ファム・ファタール”について「ファム・ファタールというとネガティブな印象があるけれど、彼女たちは自分の魅力を巧みに操る強い女性。悪いことじゃないわ」とコメント、「この映画では徹底した悪女と淑女の2人を演じられて2倍楽しかった」と語った。また、映画の幕開けで重要な舞台となるカンヌ映画祭のシーンは、本物の会場をそのまま撮影に使用した。「普通はエキストラを雇うところを、会場に来ていた本物のパパラッチたちに出演を依頼したの。もちろん、プロデューサーはカメラにフィルムを入れないように頼んだけれど、彼らがそんなこと聞くはずないわ(笑)。彼らはメイク中の私を望遠カメラで撮っていたりして、おかげでいつもより疲れる現場だったわ」と撮影秘話を披露した。日比谷映画ほか全国東宝系にて公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi