ピーター・ジャクソン監督、「キングコング」でボロ儲け : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年8月19日 > ピーター・ジャクソン監督、「キングコング」でボロ儲け
メニュー

ピーター・ジャクソン監督、「キングコング」でボロ儲け

2003年8月19日 12:00

大金持ちのオタク「ロード・オブ・ザ・リング」

大金持ちのオタク
[拡大画像]

ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン監督が、ユニバーサル・スタジオと超高額契約を結んだ。次回作「キングコング」の脚本料・監督料として、なんと2000万ドル(約24億円)を受けとることになったのである。この中から、脚本を共同で執筆するフラン・ウォルシュフィリッパ・ボウエン(ともに「ロード・オブ・ザ・リング」3部作を担当)にギャラが支払われることになっているが、それでもジャクソン監督の手元には相当額が残る。さらに、興行収入の20パーセントをボーナスとして受け取る条件になっており、1億ドルのヒットなら2000万ドル(約24億円)、2億ドルの大ヒットなら4000万ドル(約48億円)も転がり込む計算になる。メル・ギブソンジュリア・ロバーツなどのトップスターならともかく、映画監督でここまで有利な契約を結んだ例はほとんどない。

ジャクソン監督の「キングコング」のリメイク企画は、97年に一度頓挫している。「さまよう魂たち」(96)を完成させたジャクソン監督は、次回作として「キングコング」に意欲を燃やすが、「マイティー・ジョー」(98)や「GODZILLA/ゴジラ」(98)と競合するという理由から、製作は打ち切られた。ちなみに当時の契約では、ジャクソン監督のギャラは650万ドル(約7億8000万円)だった。

ちなみに、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の最終章「王の帰還」の極秘試写が先週製作元のニューライン・シネマで行われた。VFXはまだ未完成で、しかも上映時間4時間というロングバージョンだが、かなりエモーショナルな作品に仕上がっているという。ニューラインの重役たちは、念願のアカデミー賞獲りに自信を深めたようだ。全米公開は12月17日。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi