スピルバーグ、西部劇のシリーズをプロデュース : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年8月5日 > スピルバーグ、西部劇のシリーズをプロデュース
メニュー

スピルバーグ、西部劇のシリーズをプロデュース

2003年8月5日 12:00

「インディ4」もよろしく

「インディ4」もよろしく
[拡大画像]

スティーブン・スピルバーグ監督といえば、本業の映画製作以外にも、戦争ドラマ「バンド・オブ・ブラザーズ」、SFシリーズ「TAKEN」など、TVシリーズのプロデュースに積極的に関わっていることでも知られているが、このほど西部劇のTVシリーズを手がけることが明らかになった。タイトルは未定で、トータルで12時間に及ぶ大スペクタクル劇になるという。

これまでさまざまなジャンルにチャレンジしてきたスピルバーグ監督だが、実は西部劇は初体験。過去のハリウッド映画的な西部劇ではなく、ネイティブ・アメリカンの迫害をしっかりと描くなど、史実に基づいたリアルな歴史劇を目指すという。クランク・インは04年の夏、全米放送は05年夏にTNTで開始予定だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi