ニュージーランドから「クジラの島の少女」が来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年7月22日 > ニュージーランドから「クジラの島の少女」が来日
メニュー

ニュージーランドから「クジラの島の少女」が来日

2003年7月22日 12:00

(左より)ラウィリ・パラテーン ケイシャ・キャッスル=ヒューズ「クジラの島の少女」

(左より)ラウィリ・パラテーン
ケイシャ・キャッスル=ヒューズ
[拡大画像]

ニュージーランドの自然を舞台にマオリ族の少女の成長を描く「クジラの島の少女」で、主演のケイシャ・キャッスル=ヒューズと、その祖父役ラウィリ・パラテーンが来日し、7月16日、ニュージーランド大使館(東京・渋谷)にて会見を行った。

本作は、サンダンス、トロント、ロッテルダムの各映画祭で「観客賞」を独占した話題作。1万人のオーディションから選ばれ映画初出演となった13歳のケイシャは、「どこの国の人も同じところで笑ったり泣いたりして、良かったと言ってくれます。私もこの映画が大好きだし、日本の人もきっと好きになってくれると思います」とコメント。ラウィリも「マオリの文化と日本の文化は似ていると思うし、海に囲まれた国同士、きっと気に入ってもらえると思うよ」と笑顔で語った。

会見では、「実は勉強不足で、日本がどこにあるのかもよくわからずに来てしまったの」と、はにかむケイシャに、横浜高校の生徒によるマオリ族の歓迎の踊りが披露され、最後は「千と千尋の神隠し」の千尋役・柊瑠美が花束を贈呈。ともに困難に立ち向かう少女を演じた2人は、互いにエールを送り合って会見を締めくくった。9月中旬、恵比寿ガーデンシネマほかにて公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi