「踊る2」が超ブレイク。20年ぶりの記録更新狙う : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年7月22日 > 「踊る2」が超ブレイク。20年ぶりの記録更新狙う
メニュー

「踊る2」が超ブレイク。20年ぶりの記録更新狙う

2003年7月22日 12:00

初日舞台挨拶の「踊る」ご一行「マトリックス リローデッド」

初日舞台挨拶の「踊る」ご一行
[拡大画像]

7月19日、全国408スクリーンで公開された「踊る大捜査線 THE MOVIE2」が、公開3日間で観客動員126万人、興収18億円を超える驚異的なスタートダッシュで国内ボックスオフィスの1位に立った。これは公開劇場数の違いはあるものの、01年の「千と千尋の神隠し」の初日3日間の数字を上回るものであり、6月7日公開の「マトリックス・リローデッド」の同成績と比べてみても遜色がない水準で、今年の夏興行を制する可能性も高くなってきた。

公開前日の18日には、新作と前作を続けて上映する“前夜祭”がシネマメディアージュ(東京・台場)にて開催されたが、オールナイトの鑑賞を終えた観客の相当数が、そのまま日比谷のスカラ座や日比谷映画で行われた初日舞台挨拶に駆けつけるという熱狂ぶり。スカラ座での上映終了後には、15分間にも及ぶスタンディング・オベーションも発生し、挨拶に立った主演の織田裕二をはじめ、スタッフ、キャストたちを感動させた。また、病気療養中であったいかりや長介もこの日の舞台挨拶に登壇。元気な姿を見せ、ファンを安心させた。

なお、「踊る2」は実写の日本映画としては、83年の「南極物語」の記録(配収59億円、推定興収110億円)を20年ぶりに破る可能性が濃厚。先行して公開されている「マトリックス・リローデッド」「ターミネーター3」をも上回って、この夏一番の稼ぎ頭となる公算も高い。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi