11年ぶりに邦画でスタート。第16回東京国際映画祭 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年7月15日 > 11年ぶりに邦画でスタート。第16回東京国際映画祭
メニュー

11年ぶりに邦画でスタート。第16回東京国際映画祭

2003年7月15日 12:00

秋の恒例となった東京国際映画祭、今年の開催概要が発表になった。第16回目を迎える今年は、11月1日~9日の9日間、例年同様Bunkamuraを中心に渋谷地区の劇場・ホールを会場とし開催される。

本年度のオープニング作品は森田芳光監督の「阿修羅のごとく」に決定、11年ぶりに日本映画で幕を開ける。また、クロージング作品は、現在全米で大ヒット中のピクサー製CGアニメ「ファインディング・ニモ」となった。また、世界から注目が集まっている日本アニメにスポットをあて、「スタジオジブリ・デイ」と題した企画も催される予定。コンペティション部門の審査委員長は、中国映画を代表する女優コン・リーが務める。昨年はスピルバーグ&トム・クルーズの来日などで盛り上がった同映画祭だが、今年はどんなハリウッドスターの来日があるのかも気になるところ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi