本物のフリーダに迫る。サルマ・ハエック来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年7月15日 > 本物のフリーダに迫る。サルマ・ハエック来日
メニュー

本物のフリーダに迫る。サルマ・ハエック来日

2003年7月15日 12:00

サルマ・ハエック「フリーダ」

サルマ・ハエック
[拡大画像]

第75回アカデミー賞で作曲賞とメイクアップ賞を受賞。激動の人生を送ったメキシコの伝説の女性画家フリーダ・カーロの生涯を描いた「フリーダ」のプロモーションのため、主演、製作を務めたサルマ・ハエックが来日、7月14日、Bunkamura シアターコクーンでのプレミア試写会を前に記者会見を行った。

プライベートでは何度か日本を訪れているものの、プロモーションでの来日は初めてというサルマ。開口一番、「大切な作品を持って日本に来られて嬉しい」と笑顔で挨拶。鮮烈な人生を歩んだ生前のフリーダ・カーロを知っている人も多くいる中、彼女を演じることにプレッシャーはなかったか?の質問には「プレッシャーは感じないようにした。フリーダが独特な自分のビジョンを信じて生きたように、私も自分がリサーチしたフリーダに対するビジョンを信じて演じた」。また、世界を魅了したメキシコ芸術の女王をスペイン語ではなく英語で製作することのジレンマはなかったか?と聞かれると「彼女の第1の言葉はスペイン語ではなく、ビジュアル。だからこそ、言葉の壁がある日本でも彼女の痛みや素晴らしさが伝わるのでしょう」と発言。会見の最後には「一言、伝えたい」として、「フリーダは当時は理解されなかったことも隠さず、自分を曲げず、オリジナリティを貫き通した。製作スタイルも変えない、性的なことも、ファッションもひげも眉毛が繋がっていることも隠さない。勇気を持って自分で居続けたことに、感銘を受けています」と会見を締めくくった。本作は8月2日より、Bunkamuraル・シネマほかにてロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi