「ハルク」の秘密を暴露!アン・リー監督来日会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年7月15日 > 「ハルク」の秘密を暴露!アン・リー監督来日会見
メニュー

「ハルク」の秘密を暴露!アン・リー監督来日会見

2003年7月15日 12:00

(左より)アン・リー監督、ウィルソン・タン「ハルク」

(左より)アン・リー監督、ウィルソン・タン
[拡大画像]

日本でも「超人ハルク」として知られるマーヴルコミックの人気作を、ILMの最新VFXを駆使して映像化した「ハルク」。全米で大ヒットを続ける同作の日本公開に先駆け、監督のアン・リーとILMのVFXアート・ディレクター、ウィルソン・タンが来日し、7月14日、東京・新宿パークハイアットにて記者会見を行った。

CGでリアルに表現されたクリーチャーが暴れ回るアクション大作であると同時に、心理ドラマでもある同作。ハルクについて「もうひとつの自己を抱え、内面的に葛藤している非常に複雑なキャラクター」と語ったリー監督は、CGクリーチャーをより人間的に表現するため、自らハルクを演じたこともあったとか。この“ハルクを人間的に表現する”チャレンジには、ILMも本当に苦労したようで、タン氏は「CGで毛穴や髪の毛を表現し、筋肉や皮膚の動きも緻密に再現したが、技術よりもそれらを組み合わせる芸術性が最も大事だった」と語った。

ところで、ファンなら一度は気になるのが「なぜハルクのパンツは破れないのか?」ということ。その点について「それは、PG-13(13歳未満の観客は保護者の同意が必要)というレイティングの問題があるからね(笑)」とリー監督。「ただしストーリーボードでは、犬と闘うシーンは裸。とはいえ見せる訳にはいかないから、木の葉で隠し、影で隠し……とやっていたんだけれど、撮っている間になんだか『オースティン・パワーズ』みたいになってしまってね(笑)。やめたんだよ」と笑いを誘った。8月2日よりロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi