ティム・バートン監督、2人の男の間で板挟みに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年7月15日 > ティム・バートン監督、2人の男の間で板挟みに
メニュー

ティム・バートン監督、2人の男の間で板挟みに

2003年7月15日 12:00

いっそ第3の男にする?「ビートルジュース」

いっそ第3の男にする?
[拡大画像]

ティム・バートン監督が念願の企画「チョコレート工場の秘密」の映画化を手がけることはお伝えしたが、来年撮影開始にもかかわらず、いまだに出演者が1人も決まっておらず、スタジオが焦っているという。原因は、どうやら監督自身にあるようだ。主役のウィリー・ワンカ役には、マイケル・キートンクリストファー・ウォーケンが候補に挙がっているのだが、バートン監督は選択ができないでいるという。2人ともバートン監督がお気に入りの俳優で、マイケル・キートンとは「ビートルジュース」と「バットマン」で、クリストファー・ウォーケンとは「スリーピー・ホロウ」で一緒に仕事をしている。いずれにせよ、バートン監督にとっては、苦渋の決断を迫られることになりそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi